第十管区、巡視船「あかつき」に搭載するEC225LPの愛称募集 | FlyTeam ニュース

第十管区、巡視船「あかつき」に搭載するEC225LPの愛称募集

ニュース画像 1枚目:海保スーパーピューマ225 画像ははやたか
海保スーパーピューマ225 画像ははやたか

第十管区海上保安本部は、2020年度に鹿児島海上保安部へ配備されるスーパーピューマ225の愛称を募集しています。このEC225LPは、ヘリコプター搭載型巡視船「あかつき」に搭載される予定です。愛称の募集期間は10月30日(金)から11月13日(金)です。

愛称の基準は、熊本県、宮崎県、鹿児島県にふさわしい鳥の名前で、「たか」や「わし」など力強いイメージを求めています。地名と鳥を合わせるなど、造語でも可能です。文字数はひらがな6文字以内です。

応募は、メールもしくは郵便はがきで受け付けています。送付時は、「航空機の愛称募集」と記載し、愛称、愛称の由来や理由に加え、住所、氏名など必要な項目7点の記載を求めています。

EC225LPスーパーピューマは、全長19.50メートル(m)、全高4.97m、座席数21席で、時速約280kmで飛行できます。搭載する船の「あかつき」は、全長およそ150メートル、総トン数6,500トンと海上保安庁で最大級の巡視船です。

なお、第十管区は2019年度に巡視船「しゅんこう」と「れいめい」に配備するEC225LPの愛称を「なべづる」、「はやたか」 と決めています。

期日: 2020/11/13まで
メニューを開く