三菱重工の航空エンジン部品新工場、長崎造船所の敷地内で稼働 | FlyTeam ニュース

三菱重工の航空エンジン部品新工場、長崎造船所の敷地内で稼働

ニュース画像 1枚目:MHIAEL長崎工場
MHIAEL長崎工場

三菱重工業は2020年11月4日(水)、長崎造船所の敷地内に建設した航空エンジン部品の製造を手掛ける新工場のオープニングセレモニーを開催しました。航空エンジン事業を手掛ける三菱重工航空エンジン(MHIAEL)の長崎工場として11月から稼働し、段階的に生産規模を拡大します。

この工場は主に、短距離、中距離旅客機向けエアバスA320neoに搭載するPW1100G-JMエンジンの燃焼器を製造します。国内線など短・中距離旅客機の需要は、新型コロナウイルス感染症の需要減少から比較的早い回復が見込まれています。また、コロナ禍からの回復後は再成長が期待されており、オーバーホールを含めメンテナンスなどMRO事業でも今後は増産基調が予想されることから、最新鋭の工場を計画通りに稼働させました。

この長崎工場は、世界遺産に登録されている旧木型場の長崎造船所史料館に隣接し、船舶用プロペラ工場の跡地に新工場が完成しています。新工場は、燃焼器部品の素材受け入れ、加工、組立mを一貫して手掛ける生産ラインが構築されています。最新鋭の工作機械や自動搬送・自動工具交換システムなどの自動化・省人化技術を導入、MHIAEL本社工場で培ったIoTや人工知能(AI)技術なども活用し、航空エンジン部品工場として世界最高レベルの生産性・高効率が実現できる施設です。

メニューを開く