仙台空港、郵便切手「なとり100選」に採用 ターミナル内でも販売 | FlyTeam ニュース

仙台空港、郵便切手「なとり100選」に採用 ターミナル内でも販売

ニュース画像 1枚目:日本郵便オリジナルフレーム切手「2020市民が選ぶフレーム切手でのこしたい『なとり100選』」
日本郵便オリジナルフレーム切手「2020市民が選ぶフレーム切手でのこしたい『なとり100選』」

仙台国際空港内のショップ「DATEマルシェ」は2020年11月20日(金)から、日本郵便オリジナルフレーム切手「2020市民が選ぶフレーム切手でのこしたい『なとり100選』」の販売を開始しました。この切手は、宮城県名取市の魅力や自慢を集めたオリジナルフレーム切手で、仙台空港がイメージとして採用されています。

名取市は仙台市の南東に隣接する太平洋沿岸の都市で、仙台空港もこの名取市に位置しています。切手には、「仙台国際空港」と看板のかかった正面の空港ビルの写真が採用されています。

84円切手が10枚セットで、販売価格は税込1,330円です。「DATEマルシェ」で販売する初回部数は30部です。なお、このフレーム切手は、宮城県の白石市、名取市、角田市、岩沼市など県南4市9町の郵便局と仙台中央郵便局などでも購入できます。

期日: 2020/11/20から
メニューを開く