カタール航空、ワールドカップ特別塗装機を就航 | FlyTeam ニュース

カタール航空、ワールドカップ特別塗装機を就航

ニュース画像 1枚目:カタール航空、ワールドカップ特別塗装機
カタール航空、ワールドカップ特別塗装機

カタール航空は2020年11月20日(金)、FIFAワールドカップ・カタール2022を記念するボーイング777型機の特別塗装機を発表しました。カタール航空は、この特別塗装機を複数の都市に運航する予定です。この特別塗装機は、777-300ERの機体記号(レジ)「A7-BEB」です。

「A7-BEB」は11月21日(土)に運航を開始し、ドーハ/チューリッヒ線のQR095、QR096便として運航されました。その後は、広州、チェンナイ、ムンバイ線に投入されています。FIFAの本拠地が所在するスイスのチューリッヒ線に初便を投入することで、開幕2年前の日に花を添え、FIFAパートナーシップへ協力する姿勢を示しました。

カタール航空はFIFAのオフィシャルエアラインとして、世界各地から、カタールに迎える準備を進めています。新型コロナウイルス感染症のパンデミックの最中にありながら、現在の路線網は100都市にまで再拡大し、2021年3月には125都市まで再開される予定です。

メニューを開く