ANA・京急など、「ユニバーサルお出かけアプリ」機能検証へ | FlyTeam ニュース

ANA・京急など、「ユニバーサルお出かけアプリ」機能検証へ

ニュース画像 1枚目:Universal MaaS ロゴ
Universal MaaS ロゴ

全日空(ANA)は2020年12月1日(火)から2021年2月28日(日)まで、神奈川県横須賀市で新たに開発した「ユニバーサルお出かけアプリ」の機能を検証します。京浜急行、横浜国立大学、横須賀市と共同で実施している産学官共同プロジェクトで、ユニバーサルデザインに基づく総合的な移動サービス「Universal MaaS」の実証実験です。

「Universal MaaS」は、障がい者や高齢者、外国人など、何らかの理由で移動を躊躇している方が、快適に不安なく移動できるようサポートするサービスです。公共交通機関の運賃、運航・運行状況、バリアフリー乗り継ぎルートなどの情報を提供します。さらに、交通事業者・自治体・大学が利用者のリアルタイムな位置情報や必要とする介助の内容を共有・連携し、シームレスな移動体験を提供します。

ニュース画像 1枚目:「ユニバーサルお出かけアプリ」実証実験イメージ
「ユニバーサルお出かけアプリ」実証実験イメージ

新たな「ユニバーサルお出かけアプリ」は、楽しく移動するために自分に合った移動体験を実現することを目的としたアプリです。自分にあったルートを事前に選択・保存し、自分の現在位置、属性などの情報もサービス提供者に共有できる仕組みになっています。ユーザーにこのアプリを横須賀で実際に使用してもらい、機能を評価、改善につなげます。

なお、「ユニバーサルお出かけアプリ」に加え、空港・駅・施設・店舗に利用者が接近した際に通知を受け取れるサービス提供者用「ユニバーサルサポートアプリ」の開発も進められています。

ANAなど4者は、新たな移動喚起つながる施策の1つとして、さまざまな特性を持つ人々をサポートすることで、最終的に「誰もが移動をあきらめない世界」の実現をめざしています。

期日: 2020/12/01 〜 2021/02/28
関連記事
メニューを開く