AIRDO、12月から搭乗者全員に「干貝柱」プレゼント 3万個限定 | FlyTeam ニュース

AIRDO、12月から搭乗者全員に「干貝柱」プレゼント 3万個限定

ニュース画像 1枚目:プレゼントの「干貝柱」
プレゼントの「干貝柱」

AIRDOは2020年12月19日(土)から、全路線の搭乗者に北海道産の「干貝柱」をプレゼントします。12月から機内ドリンクに「ほたて」がデザインされた紙コップを導入しており、北海道産ほたてを機内全体で魅力を伝えます。

干貝柱のプレゼントは、12月19日(土)から搭乗者全員に配布しますが、3万個の限定配布です。「干貝柱」は1袋3粒入りで、なくなり次第、配布は終了となります。

機内ドリンクの紙コップには、殻付きで大きなふっくらしたほたてが描かれ、刺身、カレー、シチュー、炊き込みごはんなど、様々な料理に活用できることを伝えた、黄色をベースとしたカラフルな仕様です。

このほか、全路線の機内スクリーンで、ほたての「おいしいをいつも、いつでも、いつまでも」をテーマとして30秒動画を月替わりで放映します。12月は「ほたては年中が旬」を紹介した「いつも篇」、1月は「いつでも食卓に上る食材」をPRした「いつでも篇」、2月は「ほたて漁は持続可能な漁業」であることを紹介する「いつまでも篇」です。また、動画と連動した広告を機内誌「rapora」にも掲載します。

これらは、北海道ほたて漁業振興協会などと共同で実施する「北海道産ほたてプロモーション!」の一環で、12月から2月まで実施されます。

メニューを開く