JAL、空路と陸路の一貫配送「ハコJET」スタート 手配も一括 | FlyTeam ニュース

JAL、空路と陸路の一貫配送「ハコJET」スタート 手配も一括

ニュース画像 1枚目:新配送サービス「ハコJET」サービス イメージ
新配送サービス「ハコJET」サービス イメージ

日本航空(JAL)は2020年12月1日(火)から、国内主要7空港と全国の陸路をつなぐ空陸一貫の新たな法人向け配送サービスを開始します。陸路のビジネス便に特化し、緊急配送や定期配送事業を手がけるルーフィとの共同事業です。新サービスは、ルーフィの配送マッチングシステム「ハコブリッジ」にJALが「ハコJET」として参画し、空路と陸路の一括した輸送手配と、長距離間の当日配送を実現します。

これまで陸路と空路の輸送を手配する場合は、別々の手続きが必要でした。今回サービスを開始する「ハコJET」は、ウェブから集荷先と納品先を入力するだけで、陸路と空路を一括で手配できます。

例えば、陸路のみの輸送で20時間かかるところ、ハコJETの利用で、輸送時間を最短6時間に短縮でき、配送スピードも向上します。陸送のみと比較し、配送料金が割安となるケースもあります。

輸送できる貨物は、常温貨物だけでなく、冷蔵、冷凍も含まれ、時間を指定できる3温度帯の当日配送マッチングサービスを提供するのは国内初です。「ハコJET」の対応空港は、サービス開始時点で新千歳、羽田、成田、伊丹、関西、福岡、那覇の7空港です。

「ハコブリッジ」公式サイトでは、陸輸のみ、または空輸を組合せた空陸を利用するかの希望条件を設定し、事前に見積もりを事前に確認できます。

期日: 2020/12/01から
メニューを開く