ジェットスター、1月の国内線 12路線で計773便を減便

ジェットスター、1月の国内線 12路線で計773便を減便

ニュース画像 1枚目:ジェットスター・ジャパン イメージ (Den-Tさん撮影)
ジェットスター・ジャパン イメージ (Den-Tさん撮影)

ジェットスター・ジャパンは2021年1月5日(火)から1月31日(日)まで、国内線12路線で計画を変更し、運航便数を減らします。対象は、成田発着11路線、名古屋(セントレア)発着1路線で、片道ベースで773便を減便します。1月の減便は計815便で、減便率は33.5%となります。10月以降の減便率の推移は順に、58%、36.9%、45.3%、33.5%となっており、新型コロナウイルス感染症の広がる状況に合わせ、便数の調整が随時、実施されています。

減便後の運航便数は、成田発着の福岡線が373便、新千歳線が236便、関西線が170便、那覇線が156便となります。セントレア発着の2路線は、福岡線が176便、那覇線が90便を運航する計画です。

なお、ジェットスター・ジャパンのウェブサイトでは、各日の運航・運休便を一覧で公開しています。

路線追加減便数(12月9日発表分)1月運航便数
1月
成田/新千歳線178便236便
成田/関西線66便170便
成田/高松線80便78便
成田/松山線88便66便
成田/高知線32便30便
成田/福岡線97便373便
成田/大分線34便60便
成田/長崎線30便32便
成田/熊本線70便82便
成田/宮崎線32便30便
成田/鹿児島線34便28便
成田/那覇線減便なし便156便
中部/福岡線32便176便
中部/那覇線減便なし便90便
合計773便1607便
期日: 2021/01/05 〜 2021/01/31
メニューを開く