ANA、737-700退役で記念デカール 6月にチャーター企画も

ANA、737-700退役で記念デカール 6月にチャーター企画も

ニュース画像 1枚目:ANA 737-700 イメージ (makorigeさん撮影)
ANA 737-700 イメージ (makorigeさん撮影)

全日空(ANA)とANAウイングスは2021年6月、ボーイング737-700型機の完全退役を予定しています。現在、運航する機体は、機体記号(レジ)「JA02AN」「JA05AN」「JA06AN」の3機です。

ANAはこのうち、「JA05AN」「JA06AN」の2機に退役記念デカール機として、2021年5月上旬から6月まで運航する予定です。デザインは、737-700の胴体を花束で包むイメージで、これまでの感謝とお疲れ様の気持ちが込められています。デカールは機体前方の左右ドア前方に貼り付けられます。

ニュース画像 1枚目:花束をイメージしたデカールデザインと貼付位置
花束をイメージしたデカールデザインと貼付位置

さらに退役記念チャーターフライトを6月19日(土)に運航します。午前と午後にそれぞれ1便ずつ運航します。専用サイトで4月26日(月)から受付を開始しており、5月12日(水)10時に締め切ります。エントリーされた方から抽選を実施し、当選者が搭乗できます。料金はプレミアムクラス席は59,000円、普通席は39,000円です。

当日のスケジュールは午前が中部国際空港(セントレア)集合が8時、出発が10時30分ごろ、到着は正午ごろです。午後は集合が11時30分ごろ、出発が14時ごろ、到着は15時30分ごろで、いずれも遊覧時間は約90分です。

ANAでは、これ以外にも退役記念イベントを実施する予定です。「JA02AN」「JA05AN」「JA06AN」の3機は現在、主に羽田発着の八丈島、庄内、大館能代、鳥取、長崎線など国内路線に投入されています。ただし、この機種で人気を集めた特別塗装機の「ゴールドジェット」はセントレア開港時や、名古屋を中心に国際線に投入されたこともあり、チャーター便はセントレア発着となっています。

ニュース画像 2枚目:ANA ゴールドジェット (c59さん撮影)
ANA ゴールドジェット (c59さん撮影)
ニュース画像 3枚目:ANAビジネスジェット、世界初のボーイング737-700ER型機 (hiko_chunenさん撮影)
ANAビジネスジェット、世界初のボーイング737-700ER型機 (hiko_chunenさん撮影)
メニューを開く