群馬みどり市の林野火災、陸自895トン散水 新潟・栃木防災ヘリも対応

群馬みどり市の林野火災、陸自895トン散水 新潟・栃木防災ヘリも対応

ニュース画像 1枚目:栃木県消防防災ヘリコプター「おおるり」 (banshee02さん撮影)
栃木県消防防災ヘリコプター「おおるり」 (banshee02さん撮影)

群馬県みどり市で民家から出火、林野に延焼した火災は2021年4月26日(月)、鎮火しました。新潟県防災ヘリコプター、栃木県消防防災航空隊に加え、群馬県知事から災害派遣要請を受けて陸上自衛隊のヘリコプターも対応しました。

出火、林野に延焼した4月22日(木)には、群馬県知事から空中消火の災害派遣を要請を受け、相馬原駐屯地の第12ヘリコプター隊、木更津駐屯地の第1ヘリコプター団がCH-47をのべ4機派遣し、散水回数でのべ179回、水量でのべ約895トンの消火活動を実施しました。4月23日(金)20時55分には、自治体での対応可能として、陸自は災害派遣撤収要請を受けて活動を終了しています。

その間、新潟県消防防災ヘリが散水回数21回、15.5トンを散水しました。栃木県消防防災ヘリは、4月24日(土)と4月25日(日)に計24回、約14トンを散水しました。4月26日(月)は上空からの偵察活動を実施しました。

この記事に関連するニュース
メニューを開く