ジェットスター、国内16路線さらに減便 5月7~31日

ジェットスター、国内16路線さらに減便 5月7~31日

ニュース画像 1枚目:ジェットスター・ジャパン イメージ(md11jbirdさん撮影)
ジェットスター・ジャパン イメージ(md11jbirdさん撮影)

ジェットスター・ジャパンは2021年5月7日(金)から5月31日(月)まで、国内16路線で追加の減便を決定しました。4月28日(水)に発表された減便は226便で、5月の累計減便数は512便。運航率は87.7%から75.5%に縮小します。

対象路線は、成田発着の新千歳・関西・高松・松山・高知・福岡・大分・長崎・熊本・宮崎・鹿児島・那覇・下地島線、関西発着の新千歳・那覇線、名古屋(セントレア)/福岡線です。

直近4カ月における国内線の運航率は2月が13.2%、3月が41.2%、4月が84.6%と大きく改善したものの、まん延防止等重点措置の拡大や、3回目の緊急事態宣言の発令を受け、5月は75.5%と回復に足止めがかかった状態です。なお、4月29日(木・祝)から5月6日(木)までの期間の運航率は96.5%です。

期日: 2021/05/07 〜 2021/05/31
この記事に関連するニュース
メニューを開く