空自F-15とF-2、米B-52と要撃戦闘訓練など実施

空自F-15とF-2、米B-52と要撃戦闘訓練など実施

ニュース画像 1枚目:B-52と編隊飛行訓練を実施する空自
B-52と編隊飛行訓練を実施する空自

航空自衛隊は2021年4月27日(火)、アメリカ空軍と共同訓練を実施しました。日本海、沖縄北方を含む東シナ海上の空域で、B-52と編隊航法や要撃戦闘訓練を実施しました。アメリカ空軍は2021年4月中旬、グアムのアンダーセン空軍基地にB-52Hストラトフォートレス爆撃機4機を前方展開したと発表しており、この部隊が日米共同訓練に参加したとみられます。

空自は、千歳の第2航空団からF-15が3機、百里の第7航空団からF-2が2機、小松の第6航空団からF-15が2機、新田原の第5航空団からF-15が4機、那覇の第9航空団からF-15が4機、計15機が参加しました。

この記事に関連するニュース
メニューを開く