TBSジョブチューン、6月5日はUS-2救難艇初の女性機長登場

TBSジョブチューン、6月5日はUS-2救難艇初の女性機長登場

ニュース画像 1枚目:US-2救難飛行艇 (new_2106さん撮影)
US-2救難飛行艇 (new_2106さん撮影)

TBS系列局で毎週土曜夜に放送されている職業紹介バラエティ番組「ジョブチューン」は2021年6月5日(土)、「初出し映像満載!自衛隊スペシャル第2弾!」を放送します。放送時間は18時51分から21時です。この番組の中で、航空機として海上自衛隊のUS-2救難飛行艇が紹介されます。番組内でUS-2女性初の機長が救助訓練に挑む場面を紹介します。

番組に登場するのは、第71航空隊の岡田めぐみ2等海尉です。機長として2019年7月1日(月)に初フライトをした際、大々的に報道されています。岡田2等海尉は、2010年3月の入隊後、小月航空基地での訓練を経て、2012年6月から下総航空基地でP-3Cに乗務。厚木航空基地での任務を経て、US-2への転換を希望し、2017年ごろからUS-2の副操縦士として乗務していました。US-2を目指すきっかけは、入隊式の祝賀飛行にUS-2が飛来し、その姿に「一目ぼれ」だったことなど、2018年に海上自衛隊が公開したYouTubeでも語っています。

US-2救難飛行艇は、新明和工業が製造する航空機で、US-1Aから操縦性、能力向上が図られた機体です。試作初号機は、2003年12月に初飛行。量産初号機「9903」は2009年2月に納入されています。

新明和工業は、その前身の川西航空機が第2次世界大戦の終戦まで約3,000機の水上機と飛行艇を設計、製造した歴史を引き継ぎ、戦後の航空機製造解禁を受けて1953年に航空機事業を再開し、現在まで海自向け飛行艇を製造しています。1968年に新明和工業が当時の防衛庁に納入した「PS-1型航空機」1号機から起算し、2020年にはUS-2型救難飛行艇7号機で、飛行艇50機目の節目を数えています。

ジョブチューンでは、岡田2等海尉が操縦し、着水する様子なども放映される予定です。このほか、自衛隊に1年以上にわたり密着した取材から、女性自衛官に焦点をあてた特集が組まれています。

出演はMCとして「ネプチューン」の名倉潤さん、原田泰造さん、堀内健さんをはじめ、パネラーには「バナナマン」の設楽統さん、日村勇紀さん、 土田晃之さん、田辺桃子さん、白石麻衣さん、八代英輝さん、澤部佑さん、やす子さんです。

■2018年1月に公開された岡田3等海尉(当時)のインタビュー 【週刊海自TV:海自女子】救難飛行艇「US-2」パイロット
この記事に関連するニュース
メニューを開く