エミレーツ、20年度に計14機退役 A380は5機・777-300ER9機

エミレーツ、20年度に計14機退役 A380は5機・777-300ER9機

ニュース画像 1枚目:野生動物の違法取引を廃絶する啓発活動の特別塗装を施していたA380「A6-EDG」 (Willieさん撮影)
野生動物の違法取引を廃絶する啓発活動の特別塗装を施していたA380「A6-EDG」 (Willieさん撮影)

エミレーツ航空は2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日)の業績を発表し、グループとして過去30年で初めて損失を計上したと発表しました。損失額は221億ディルハム、日本円でおよそ6,610億円です。この厳しい状況の中で、保有機の平均機齢7.3年と若く保つ機材戦略を維持しています。この戦略の中でエアバスA380型を5機、ボーイング777-300ER型機を9機、計14機を退役させたと発表しました。

この5機のうち1機は2020年10月27日(火)、フランスのタルブ・ルルド・ピレネー空港にフェリーされました。機体記号(レジ)「A6-EDB」で、エミレーツのA380として初めての退役機になりました。

これ以外の4機は、2008年7月にエミレーツが初めて受領したA380の「A6-EDA」と、2009年12月に受領した「A6-EDF」「A6-EDG」、2010年1月に受領した「A6-EDH」です。いずれもドバイのアール・マクトゥーム国際空港(DWC)に保管されており、エミレーツは退役前の復帰はないと事実上の退役としています。この中で最も機齢の若い機体は「A6-EDH」で、12年未満です。

退役した機体のうち、「A6-EDG」は野生動物の違法取引を廃絶する啓発活動のため、特別塗装機として運航されたことがあります。「A6-EDH」にも「6,000th Airbus」と節目の1機のステッカーが貼られていたことがあります。

一方、2020年度は新造機としてレジ「A6-EVN」「A6-EVM」「A6-EVL」の3機を受領しています。また5月に「A6-EVP」も受領しています。これにより、2021年6月現在、エミレーツ航空のA380は24機を稼働、90機を駐機の状態となっています。

ニュース画像 1枚目:エミレーツ航空の777-300ER
エミレーツ航空の777-300ER

777-300ERは9機が退役しており、2021年度にもすでに1機が退役しています。退役した機体のうち「A6-EBI」「A6-EBJ」「A6-EBN」は旅客機を簡易的に改修し、貨物機として運用していました。これにより、運用中の777は138機、駐機中の機体は6機とみられます。

なお、エミレーツは発注済みの200機の受注計画に変更はないとしており、環境に優しく、燃費効率の良い、利用者にも乗り心地良い機材で運航する方針です。新造機の導入は、各種設備や最先端技術への投資と同じく、事業回復と将来の成長に向けた体制作りの一環です。

■エミレーツ航空の退役したA380、777-300ER
<A380>
A6-EDB:2020年10月
A6-EDA:DWC保管中
A6-EDF:DWC保管中
A6-EDG:DWC保管中
A6-EDH:DWC保管中
<777-300ER>
A6-ECP
A6-EBJ 
A6-ECN
A6-EBI 
A6-ECL 
A6-EBG
A6-EBE
A6-EBC
A6-EBB
A6-EBN (2021年)
この記事に関連するニュース
メニューを開く