ブルーインパルス、8月24日は国立競技場・スカイツリー・東京タワーを飛行

ブルーインパルス、8月24日は国立競技場・スカイツリー・東京タワーを飛行

ニュース画像 1枚目:ブルーインパルス
ブルーインパルス

航空自衛隊の第4航空団第11飛行隊「ブルーインパルス」は2021年8月24日(火)、「東京2020パラリンピック」開会式に合わせ、国立競技場の上空を飛行します。7月のオリンピック開会式の展示飛行と異なるルートで、パラリンピックのため五輪のシンボルマークは描かれないものの、赤、青、緑のカラースモークで飛行します。

航路は初台方面から国立競技場に進入し、北上。大塚・巣鴨方面へ向かい、尾久付近で方向を東にとり、荒川の東側で方向を変え、東京スカイツリーから東京タワーをめがけて南下します。途中には日本橋や東京駅の上空を通過します。品川付近で周回し、国立競技場に向かうように展開し、通過後は北上します。オリンピックと異なり、都心を1周する形です。

オリンピック開会式の展示飛行は、入間基地をリモート拠点として離発着しました。パラリンピック時も入間基地に事前に展開し、予行を実施した上で本番の8月24日(火)に臨むとみられます。青、黄、黒、緑、赤と5色のカラースモークを使った7月の飛行とは異なり、赤、青、緑とパラリンピックのシンボルカラーに合わせた展示飛行は注目されます。

期日: 2021/08/24
メニューを開く