春秋航空日本、11月に社名スプリング・ジャパンへ 機体塗装も変更

春秋航空日本、11月に社名スプリング・ジャパンへ 機体塗装も変更

ニュース画像 1枚目:新ブランド「SPRING JAPAN」
新ブランド「SPRING JAPAN」

春秋航空日本(SPRING JAPAN)は2021年11月1日(月)付で、社名を「スプリング・ジャパン株式会社(英文表記:SPRING JAPAN Co., Ltd.)」に変更します。日本航空(JAL)グループに入り、成田空港を拠点に国内線と国際線では主に中国路線を展開する春秋航空日本は、就航から愛称「スプリング・ジャパン」で親しまれており、これを採用しました。

これにあわせ、ブランドロゴを刷新します。新ブランド「SPRING JAPAN」が機体の前方に記されており、その1機目は機体記号(レジ)「JA05GR」です。塗装の変更は9月下旬に羽田空港で実施されました。この機体は、10月2日(土)に成田発広島行きのIJ621便で運航を開始します。

■「JA05GR」の旧塗装と新塗装比較
ニュース画像 1枚目:旧塗装の「JA05GR」 (チャレンジャーさん 2021年9月19日撮影)
旧塗装の「JA05GR」 (チャレンジャーさん 2021年9月19日撮影)
ニュース画像 2枚目:新塗装が施された「JA05GR」 (S.Hayashiさん 2021年9月23日撮影)
新塗装が施された「JA05GR」 (S.Hayashiさん 2021年9月23日撮影)
この記事に関連するニュース
メニューを開く