ホンダ・エアクラフト、新たなコンセプト機発表 HondaJet 2600 Concept

ホンダ・エアクラフト、新たなコンセプト機発表 HondaJet 2600 Concept

ニュース画像 1枚目:HondaJet 2600 Concept
HondaJet 2600 Concept

ホンダ・エアクラフト・カンパニー(HACI)は2021年10月12日(火)、新たな小型ビジネスジェットのコンセプト機「HondaJet 2600 Concept」を発表しました。ラスベガスで開催されている世界最大のビジネス機の展示会「ナショナル・ビジネス・アビエーション・アソシエーション(NBAA)」で参考展示しています。HACIが市場で販売するHA-420 HondaJet(ホンダジェット)に続く機種です。コンセプト機の発表で、新たな需要、市場ニーズを検証します。

「HondaJet 2600 Concept」は、ホンダジェットに採用された独自技術の主翼上面エンジン配置、自然層流翼型・ノーズ、コンポジット胴体を継承し、進化させています。最大離陸重量が12,500ポンド以上、20,000ポンド以下の双発エンジンを備えたライトジェット機のカテゴリでは、アメリカ大陸横断をノンストップで実現できる世界初の機種を目指しています。

客室は、ライトジェットクラスで最大の座席間スペースと室内の高さ、同クラスでトップクラスの快適性を実現する与圧キャビン、高い静粛性を確保し、目的別に選べる3タイプの座席レイアウトを用意します。最大11名の乗員・乗客が搭乗できます。

コクピットは、乗員1名での運用でき、オートスロットルやオートブレーキなど、システムの自律化や電動化を実現する高度な先進技術を新たに導入。これにより、パイロットの負荷軽減、機体運用の安全性にもつなげます。燃費は、通常のライトジェット機より20%、より大きな中型ジェット機より40%以上向上を目指し、環境にも配慮したジェット機のコンセプトです。

■HA-420とHondaJet 2600 Conceptの主要諸元比較
HondaJet 2600 ConceptHondaJet EliteHondaJet
乗員・乗客定員最大11名7名7名
最大航続距離4,862km2,661km2,265km
最大巡航速度833km/h782 km/h782 km/h
最大運用高度14,326m13,106 m13,106 m
メニューを開く