短距離離着陸できるATR-42-600Sへの改良機、初飛行 トキ・エア導入予定

短距離離着陸できるATR-42-600Sへの改良機、初飛行 トキ・エア導入予定

ニュース画像 1枚目:ATR 42-600Sの開発 本格的にはじまる
ATR 42-600Sの開発 本格的にはじまる

ターボプロップ機メーカーのATRは2022年5月11日(水)、短距離離着陸用のATR-42-600Sに部分的に改修した機体で初めて飛行しました。ATR-42-600Sは、日本では新潟拠点に運航を開始する予定のトキ・エアが導入を計画しています。

飛行に使用された機体は、製造番号(MSN)「811」のATRの飛行試験機です。機体の一部が改修され、トゥールーズ・フランカザル空港を離陸し、2時間15分にわたる飛行が実施されました。

初飛行では、アップグレードした航空機システムのパフォーマンスを測定するテストが実施されました。今後、ATR-42-600Sの完成に向け、新世代のコンピューターの搭載、自動ブレーキ、スポイラー、離陸システムなど、新たな機能のテストが順次、実施されます。今回の飛行は第1段階の改修に対応する機能確認で、2022年中に終える予定です。

第2段階は、2022年末ごろに尾翼に新たな大型ラダーへ変更する改修が実施されます。この変更により、低速で機体制御が可能になり、ATR-42-600Sの最終構成への改修を完了します。認証作業は2023年から始まる予定です。

ATR42-600Sは、標準の飛行条件下において滑走路の長さ最短800メートルで乗客40名を乗せ、離着陸が可能な性能を持つ機種です。短距離離着陸性能を示す「STOL(Short Take-Off and Landing)」の頭文字を取り、機種名に付与されています。この改良型は、世界に500近くの空港に乗り入れ可能になります。トキ・エアもこの機種の導入で、890メートルの佐渡空港に定期便を復活させる計画です。

佐渡空港は、ボーイング737型クラスのジェット機受け入れの拡張計画と同時に、トキ・エアの誘致で2014年3月末に運休となった定期便の乗り入れ再開をめざしています。

メニューを開く