写真展Par Avion 6、5/20〜26東京・銀座で開催 プロ4名含む13名の作品展示

写真展Par Avion 6、5/20〜26東京・銀座で開催 プロ4名含む13名の作品展示

ニュース画像 1枚目:飛行機写真展「Par Avion 6」
飛行機写真展「Par Avion 6」

飛行機写真展「Par Avion 6」が2022年5月20日(金)から5月26日(木)まで、東京・銀座の富士フォトギャラリー銀座「ギャラリー2」で開催されます。会場の開館時間は平日が10時30分から19時、土・日が11時から17時、最終日は14時終了です。AERO GRAPHIC TRUST JAPANが主催する写真展で、入場無料です。展示には、プロ4名・アマチュア9名、計13名による作品が展示されます。

写真展「Par Avion」は、今回で6回目です。作品は、国内・海外の旅客機、軍用機、レシプロからジェットまでさまざまな航空機を被写体としています。参加するカメラマンが「単純に飛行機が好き」を基軸に、撮影者の撮影から現像までのこだわりが1作ごとに感じられる写真展です。

展示会に参加するプロカメラマン4名は、吉永陽一氏、中澤佑介氏、田嶋健一氏、小久保陽一氏です。吉永氏は空撮会社を経て、鉄道空撮に取り組まれています。航空機の作品では、空撮を得意とされています。中澤氏は武蔵野美大卒業後、美術館職員などを経てフリーのディレクター・デザイナー・フォトグラファーとして活躍。そのウェブサイトやFacebook等では、躍動感ある戦闘機などの作品を見ることができます。

田嶋氏は中学生から写真撮影を始め、本田航空での空撮業務を経て2011年独立し、現在も空撮で飛行場を訪れる以外にも多くの時間を飛行機撮影に費やしています。小久保氏は東京写真大学(現・東京工芸大)卒業後、フォトグラファーPTG所属後に独立。回転翼や超軽量動力機を含む、幅広い飛行機を被写体として作品を発表しています。

なお、会場では、前回の開催で過去に開催されたParAvion1と2のフォトブックの予約済みの方に配布されます。また、予約していない場合でも、在庫分がある場合は会場販売で、入手できます。

■飛行機写真展「Par Avion 6」
・参加作家
プロ:吉永陽一、中澤佑介、田嶋健一、小久保陽一
アマ:村上 隆、竹下英敏、洲家岳人、酒井雅生、
   河野敏明、北村操佳、石井加奈子、案納哲也
会場:富士フォトギャラリー銀座「ギャラリー2」
 東京都中央区銀座1丁目2-4 サクセス銀座ファーストビル4F
開催日:2022年5月20日(金)〜5月26日(木)
時間:平日 10:30〜19:00 (5/26 14:00終了)
  土・日 11:00〜17:00

期日: 2022/05/20 〜 2022/05/26
メニューを開く