オーストラリア首相搭乗のKC-30Aと要人向け737 VIP機、羽田から離日

オーストラリア首相搭乗のKC-30Aと要人向け737 VIP機、羽田から離日

ニュース画像 1枚目:オーストラリア空軍 KC-30A VIP仕様 (しゃこ隊さん 2022年5月25日撮影)
オーストラリア空軍 KC-30A VIP仕様 (しゃこ隊さん 2022年5月25日撮影)

東京で開催された日米豪印首脳会談「クアッド」出席のため、来日したオーストラリアのアンソニー・アルバニージー首相を乗せたVIP仕様のKC-30A「A39-007」が2022年5月25日(水)午前、羽田を離陸しました。オーストラリアへ帰国するとみられます。

オーストラリア空軍が運航するボーイング737-700型でビジネスジェット仕様の「A36-002」は来日時、成田に到着していました。この機体は羽田にフェリーされた後、KC-30Aの後にオーストラリアへ向けて離陸していきました。

ニュース画像 1枚目:オーストラリア空軍  737 VIP機 (TIA spotterさん 2022年5月25日撮影)
オーストラリア空軍 737 VIP機 (TIA spotterさん 2022年5月25日撮影)

この2機の離日で、「クアッド」出席のため、来日したアメリカ、インド、オーストラリアとすべての首脳が利用した航空機は、それぞれの本国に戻っています。今後、各国の首脳が集結するとみられるのは、2023年に開催される広島G7で、この際にはアメリカ、イギリス、イタリア、カナダ、ドイツ、フランスがそれぞれの政府専用機、さらに日本の政府専用機も使用される可能性もあるかもしれません。

この記事に関連するニュース
メニューを開く