エアバス、A350にリチウムイオン電池搭載を断念 | FlyTeam ニュース

エアバス、A350にリチウムイオン電池搭載を断念

エアバスは開発中のA350XWBに搭載する電源に、リチウムイオン電池を諦めたとロイターが伝えています。787に搭載されているリチウムイオン電池が開発段階から苦難を抱え、2013年1月に日本航空(JAL)、全日空(ANA)の機材で火災、煙を発生させたことから、エアバスの動向にも注目されていました。

ロイターはリチウムイオン電池ではなく、従来のニッケル・カドミウムを採用すると伝えています。

エアバスはA350で2013年中にも初飛行を行い、納入に向けて開発を加速する計画です。

この記事に関連するニュース
メニューを開く