タイ・エアアジア・エックス、初号機A330-300を導入 | FlyTeam ニュース

タイ・エアアジア・エックス、初号機A330-300を導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

タイ・エアアジア・エックスに2014年1月15日、初号機となるA330-300がデリバリーされました。エアアジア・エックスに2013年9月に導入された「9M-XXL」が「HS-XTA」として登録され、Flightstatsによるとクアラルンプールからバンコク・ドンムアン空港にフェリーされました。

タイのクチコミによると、1月16日にもドンムアン/チエンマイ間でテストフライトが行われる見込み。いよいよタイ・エアアジア・エックスも就航に向けた準備が加速しそうです。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加