航空自衛隊、Tu-95とA-50の日本近海への飛来で対応 | FlyTeam ニュース

航空自衛隊、Tu-95とA-50の日本近海への飛来で対応

防衛省統合幕僚監部は2014年2月24日、ロシアのTu-95の2機、A-50の1機、計3機が日本領空に接近したため、戦闘機を緊急発進させたと発表しました。航空自衛隊によるA-50の目視確認は、2012年2月8日に初めて確認して以来の発表とみられます。

ロシア空軍 A-50

ロシア機のうち、Tu-95の2機は朝鮮半島から南下後に関門海峡付近から日本列島に沿うように北上。これにあわせ、A-50は佐渡の北西の日本海で管制していました。さらに、Tu-95の2機は朝鮮半島から南下し対馬海峡を抜け中国大陸方面へ向かいました。

メニューを開く