ケニア航空、787初号機を受領 2015年末までに9機導入 | FlyTeam ニュース

ケニア航空、787初号機を受領 2015年末までに9機導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ボーイングは2014年4月4日、ケニア航空に引き渡した787-8初号機がナイロビに向かったと発表しました。シアトルのペインフィールドからナイロビまでは14,456キロで、直行で飛行します。ケニア航空はこの機材により、長距離路線の機材を充実させ、主力機として使用します。

ケニア航空 787 初号機 「5Y-KZA」

ケニア航空は787の受領により、同社の新しい長距離路線のサービスを行うことが出来るとしているのか、新たな市場、新たな路線就航が可能になると歓迎しています。

ケニア航空は2021年までに保有機数を107機とする機材拡張計画を策定し、積極的に新機材を導入しています。現在、同社の長距離路線の機材は767-300ERが6機、777-200ERが4機、777-300ERが1機です。

なお、ケニア航空は787ではエールフランス-KLMグループのメンテナンス企業AFI KLM E&Mとメンテナンス契約を締結。2015年末までに9機の787を導入し、ナイロビ拠点の787のパーツ供給を確保します。

期日: 2014/04/04
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加