エバー航空、小松/台北線で初めてハローキティジェットを運航 | FlyTeam ニュース

エバー航空、小松/台北線で初めてハローキティジェットを運航

エバー航空は2014年5月13日から5月21日まで、小松/台北線でハローキティジェットで運航します。小松空港がfacebookページで紹介していますが、FlyTeamメンバーの投稿によると、5月12日にすでにA330-200の機体記号(レジ)「B-16309」のスピードパフが飛来しました。

この路線は通常、A321を使用していますが、5月6日からA330-200に大型化していました。さらに、OAGスケジュールによると5月13日から5月21日まで、A330-300が投入される予定となっています。

このため、マジックスター「B-16331」、アップル「B-16332」、アラウンドザワールド「B-16333」の3機からいずれかが飛来することが見込まれます。

期日: 2014/05/12 〜 2014/05/21
メニューを開く