P&W、ギアード・ターボファン・エンジンの運用開始に向け準備 | FlyTeam ニュース

P&W、ギアード・ターボファン・エンジンの運用開始に向け準備

プラット・アンド・ホイットニーは2014年7月14日、ファンボロー・エアショー2014において、同社が開発中のギアード・ターボファン(GTF)エンジンの運用開始に向けた準備が整いつつあると発表しました。

同社のギアード・ターボファン・エンジンは現在、2015年から運用に供される予定となっています。

また同社は、同じファンボロー・エアショー2014において、GTFエンジンの保守・修理・オーバーホール(MRO)を行うためのネットワークを開設したことも発表しています。

GTFエンジンは三菱航空機のリージョナル・ジェットMRJやボンバルディアのCシリーズ、イルクートのMC-21、エアバスのA320neo、エンブラエルのEジェットE2などに使用される予定です。

この記事に関連するニュース
メニューを開く