F-35、トルコ製巡航ミサイル「SOM-J」を採用 | FlyTeam ニュース

F-35、トルコ製巡航ミサイル「SOM-J」を採用

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ロッキード・マーティンとトルコのミサイルメーカーRoketsanは、2014年10月22日、F-35ライトニングII搭載用の巡航ミサイルとしてRoketsanのSOM-Jを販売することに合意しました。Reutersが報じています。

SOM-JはRoketsanが開発した空中発射の地上攻撃用スタンドオフ巡航ミサイルで、F-35のウエポンベイに収納できるよう設計されています。両社はSOM-Jの開発、生産、マーケティング、販売、サポートを協力して行います。

F-35計画は、ノルウェーのコングスベルグ製の対艦ミサイルJSMを採用するなど、開発パートナー国の兵器をインテグレートしているのが特徴です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加