JAL、2014年のアジア・パシフィック主要航空会社で定時到着率1位に | FlyTeam ニュース

JAL、2014年のアジア・パシフィック主要航空会社で定時到着率1位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

日本航空(JAL)は、アメリカFlightStatsの調査で、アジア・パシフィック主要航空会社部門で第1位に認定されたと発表しました。FlightStatsの調査では、2014年1月から12月の国内線、国際線の定時到着率が87.78%でした。

アジア・パシフィック主要航空会社部門での第1位は、JALエクスプレスが受賞した2009年を含め、2010年、2012年、2013年と受賞しており、今回で3年連続、5回目の受賞となりました。

JALグループは、引き続き安全運航を堅持し、定時性向上に挑戦していくとしています。

期日: 2014/01/01 〜 2014/12/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加