デルタ航空、米国内都市とニース線への乗継がJFKの同ターミナルで可能に | FlyTeam ニュース

デルタ航空、米国内都市とニース線への乗継がJFKの同ターミナルで可能に

デルタ航空は2015年3月29日からニューヨーク・JFK/ニース線に就航しますが、2015年1月に新たに拡張されたターミナル4がオープンしたことから、JFK空港の到着時、同じターミナルからアメリカ国内へスムーズな乗継ができるようになったと発表しました。

ニューヨーク・JFK/ニース線の運航は、2015年3月29日から週5便で開始し、5月2日からデイリー運航に増便します。JFK空港からロサンゼルス、サンフランシスコ、ボストンなどに接続する搭乗者は、1億7,500万ドルかけて拡張した同じターミナル4から便利に乗継ができます。

デルタ航空は、この夏、ニューヨーク・JFK/ニース線では週最大3,430席を提供し、約40%の搭乗者がJFK空港からアメリカ国内都市に乗継をするとしており、またスムーズな接続はニースへ向かう顧客にとっても便利で、レジャーでもビジネスでも、ニースがより魅力な都市になる、とコメントしています。

詳しくは、デルタ航空のウェブサイトを参照ください。

この記事に関連するニュース
メニューを開く