羽田空港ターミナル間連絡バス、女性運転士に移行 「おもてなし」向上で | FlyTeam ニュース

羽田空港ターミナル間連絡バス、女性運転士に移行 「おもてなし」向上で

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:羽田空港ターミナル間無料連絡バスは女性運転士による専任スタッフ化される

羽田空港ターミナル間無料連絡バスは女性運転士による専任スタッフ化される

  • ニュース画像 2枚目:羽田空港ターミナル間無料連絡バス車体デザインと同系色の明るいイメージの制服

京浜急行バス・グループの羽田京急バスは、「羽田空港ターミナル間無料連絡バス」を専任とする女性運転士を募集しています。これにあわせ、2015年3月12日(木)、3月13日(金)、3月15日(日)の3日間、会社説明会が開催されます。

この路線は、羽田空港内の国内線第1、国内線第2、国際線の各ターミナルを循環し、羽田空港を利用する旅客の足として利用されています。羽田京急バスでは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、増加が予想される訪日外国人客をはじめ、国内線の利用客にも気持ちよく利用してもらえる様、バスの運転に加え、乗り場での案内も担う女性スタッフを募集しています。これにより、羽田空港ターミナル間無料連絡バスのサービスレベルの向上を目指します。

羽田京急バスは女性運転士による専任スタッフ化を進め、あわせてオリジナルデザインの制服を導入し、女性運転士ならではの「おもてなし」で世界各地からの乗客を迎え、女性に活躍の場を拡大したいと募集理由を説明しています。

専任スタッフによる運行は2015年6月ごろを予定していますが、女性スタッフが必要人数に達するまで、男性運転士も引き続き乗務する計画です。応募条件は大型二種免許の保有者、または普通免許取得から3年が経過した方です。

なお、会社説明会は予定している3日間とも、午前の部が10時から、午後の部が13時からの各日2回で、会場は羽田空港国内線第1旅客ターミナル6階会議室「シリウス」です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加