ジャーマンウィングスの墜落、事故当時のコクピットは1名だった可能性大 | FlyTeam ニュース

ジャーマンウィングスの墜落、事故当時のコクピットは1名だった可能性大

ジャーマンウィングスが2015年3月24日(火)、フランスアルプスに墜落した件で、ニューヨーク・タイムズが3月25日付でボイスレコーダーの内容から事故当時のコクピットは1名のみだったと伝えています。

調査担当者の話しとして、ボイスレコーダーは1人がコクピットを離れたのち、戻ってきた時にドアを軽くノックしたものの返答がなく、その後にドアを強く叩いたものの返答が無く、さらにドアを開けようと壊れるかのような音が残っているとしています。

今後、調査当局からの発表とその調査内容、さらにフライトレコーダーの発見も待たれるところです。

この記事に関連するニュース
メニューを開く