2014年度の国内航空トラブルは928件、事故2件 重大インシデント4件 | FlyTeam ニュース

2014年度の国内航空トラブルは928件、事故2件 重大インシデント4件

国土交通省航空局は2015年7月17日付けで「第17回航空安全情報分析委員会」の開催概要を発表しました。この委員会では、2014年度の国内航空運送事業者の運航による航空事故、重大インシデントの報告、とりまとめが報告されました。

このうち、航空法第111条の4の規定に基づく航空事故は2件で、4月29日にジェイエアのE170での機体動揺、9月12日に日本航空(JAL)767-300の機体動揺が発生しました。

重大インシデントは4件で、4月28日にピーチがA320の那覇空港での対地接近警報装置が作動した回避操作、5月28日に全日空(ANA)の第2エンジンに振動が発生によるエンジン停止と引き返し、7月30日に日本貨物航空の747-8Fが降下中、接近する航空機を確認し、回避操作を行いました。また、9月20日には新中央航空機のセスナ172Pが遊覧飛行終了後、着陸時に管制官が指示した滑走路ではなく、作業員が滑走路付近で作業中の別の滑走路に着陸を試みた件が発生しました。

航空会社別の安全上のトラブル件数を含め928件の報告がありました。各会社、機材別の件数は以下のとおりです。

■航空会社別の安全上のトラブル件数 合計:928件
ANA:240件
JAL:264件
日本貨物航空:26件
スカイマーク:111件
AIRDO:40件
ソラシドエア:34件
スターフライヤー:35件
ピーチ:23件
ジェットスター・ジャパン:57件
バニラエア:12件
春秋航空日本:12件
その他:74件

■機種別の安全上のトラブル件数 合計:928件
737:278件
747:26件
767:146件
777:85件
787:46件
A320:136件
A330:18件
DHC-8(-400を除く):12件
DHC-8-400:40件
CRJ:64件
E170:45件
Saab 340B:10件
その他:22件

メニューを開く