ANAの787-9「R2-D2 ANA JET」、エバレットで塗装へ | FlyTeam ニュース

ANAの787-9「R2-D2 ANA JET」、エバレットで塗装へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ANA 787-9、画像は「JA836A」

ANA 787-9、画像は「JA836A」

ボーイングは、全日空(ANA)に「STAR WARS プロジェクト」で初号機となる「R2-D2 ANA JET」の塗装をシアトル・エバレット工場で行います。エバレットで動向をレポートしてくれるブロガー、マットさんがペインフィールドに到着した機体記号(レジ)「JA873A」の様子を紹介しています。

787-9のため、尾翼は「ANA」のロゴがすでに施されていますが、胴体は白でまだ塗装が行われていない状態でペインフィールドに到着しています。最終組立はチャールストン工場で手がけられ、塗装はエバレットで行われ、今後のテストフライトもペインフィールドを拠点にすると見られます。

順調に行けば、9月末にもデリバリー手続きが行われ、ANAの発表では10月初旬に引き渡れる見通しと発表しています。

その後の発表済みのスケジュールは、10月17日(土)に羽田空港発着で遊覧飛行を行った後、10月18日(日)に羽田/バンクーバー線のNH116便で定期便運航を開始します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加