第三管区海上保安本部向け1000トン型巡視船、12月17日に命名・進水式 | FlyTeam ニュース

第三管区海上保安本部向け1000トン型巡視船、12月17日に命名・進水式

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ジャパンマリンユナイテッドは2015年12月17日(木)、1000トン型巡視船の命名・進水式を開催します。命名・進水式は11時から、約20分間で、ジャパンマリンユナイテッドの横浜事業所磯子工場で開催されます。この巡視船は第三管区海上保安本部に配備される予定です。

本船は平成25年度補正予算で計画された巡視船「くにがみ」型で、PL-91になるとみられます。船尾甲板にヘリコプター甲板が設けられ、捜索・救難活動などを行うヘリコプターへ電源や燃料供給ができる装備が設けられています。

ジャパンマリンユナイテッドは、11月25日(水)、磯子工場で海上保安庁の第十一管区海上保安本部向け1,000トン型巡視船「たらま」(PL-85)、「いけま」(PL-86)を引渡ししています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加