エアバス、チーフ・テスト・パイロットの名をA380初号機に刻む | FlyTeam ニュース

エアバス、チーフ・テスト・パイロットの名をA380初号機に刻む

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:A380 初号機のコクピット下に「Jacques Rosay」と記された

A380 初号機のコクピット下に「Jacques Rosay」と記された

  • ニュース画像 2枚目:ジャック・ローゼイさんとA380

エアバスは2015年11月30日、A380の初号機、MSN001の機体記号(レジ)「F-WWOW」に「Jacques Rosay」と命名しました。ジャック・ローゼイさんは、エアバスのテストパイロットで、A380のMSN001を初飛行させたほか、在職中に A318、A319、A330-200、A340-600、A340-500の初飛行を担い、各機種の開発、型式証明の取得プログラムで大きく貢献しました。

ローゼイさんは2000年から2011年にかけ、エアバスのチーフ・テスト・パイロットを務めていました。同氏は2015年6月12日、66歳で亡くなりました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加