自衛隊と米軍、1月12日から2月2日まで共同の指揮所演習を実施へ | FlyTeam ニュース

自衛隊と米軍、1月12日から2月2日まで共同の指揮所演習を実施へ

防衛省統合幕僚監部は2016年1月8日(金)、航空、海上、陸上自衛隊と在日米軍による指揮所演習「平成27年度日米共同統合演習」を2016年1月12日(火)から2月2日(火)の日程で実施すると発表しました。日米共同の指揮所演習は今回で21回目の実施となります。

この演習は、日米共同対処に係る指揮幕僚活動、各種の事態に際しての自衛隊の対応や日米の協力に関して必要となる各々の調整要領、特に同盟調整メカニズムについて演練・検証を行い、共同統合運用能力の維持・向上を目的として実施されるものです。防衛省市ヶ谷地区やその他の演習参加部隊の所在地やアメリカ軍横田基地などで実施されます。

航空自衛隊からは航空総隊、航空支援集団、航空教育集団、航空システム通信隊、航空自衛隊幹部学校、航空自衛隊補給本部などが参加します。

また陸上自衛隊からは各方面隊や中央即応集団、中央管制気象隊のほか、富士駐屯地に併設する富士学校、下志津駐屯地に併設する高射学校、明野駐屯地に所在する航空学校、勝田駐屯地に所在する施設学校、久里浜駐屯地に所在する通信学校、土浦駐屯地に所在する武器学校、大宮駐屯地に所在する化学学校などが参加、海上自衛隊からも自衛艦隊、各地方隊などが参加します。

共同で演習を行うアメリカ軍からは太平洋軍司令部、在日米軍司令部のほか、在日するアメリカ陸軍、アメリカ海軍、アメリカ空軍、アメリカ海兵隊参加します。

期日: 2016/01/12 〜 2016/02/02
メニューを開く