デルタ航空、A321を37機追加発注 MD-88を更新へ | FlyTeam ニュース

デルタ航空、A321を37機追加発注 MD-88を更新へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:デルタ航空 A321

デルタ航空 A321

  • ニュース画像 2枚目:A321 機内
  • ニュース画像 3枚目:A321に装備されるモニター

デルタ航空は2016年4月29日(金)、A321を37機を追加発注し、ナローボディの機材更新を進めると発表しました。これはMD-88を更新するもので、旧世代のジェット機から燃料効率の良い機種に置き換えます。MD-88は116機を保有しており、デルタ航空はこの機種の退役を加速させます。

デルタ航空が購入するA321は、最新鋭のA321neoではなく、現行エンジンを搭載した機種です。これにより、A321は82機まで増えます。いずれも2019年までに納入される予定です。

このA321は、オーバーヘッドビンの容量が増加しているほか、最新の機内エンターテイメントを搭載、LED照明、110ボルトの電源、機内Wi-Fiなどが装備されます。デルタ航空は、同社初のA321の機体記号(レジ)「N301DN」を2016年3月に受領、5月2日(月)のアトランタ発オーランド着で営業飛行を開始します。

なお、デルタ航空は発注したA321の大半をアラバマ州モービル工場で製造する機体となる予定です。また、デルタ航空はA321以外に、A330-300を5機、A330-900を25機、A350 XWBを25機、受領する予定です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加