Gogo、スカパーJSATの衛星帯域を契約 JAL向け無料Wi-Fiを提供 | FlyTeam ニュース

Gogo、スカパーJSATの衛星帯域を契約 JAL向け無料Wi-Fiを提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

スカパーJSATは、Gogoが提供する日本上空での航空機内インターネットサービスで、スカパーJSATの衛星帯域を提供すると発表しました。Gogoは、機内インターネットサービスを提供し、日本では日本航空(JAL)や日本トランスオーシャン航空(JTA)などと契約しています。

Gogoは今回、JALへの機内インターネットサービス提供を改善するため、スカパーJSATが保有する「JCSAT-5A」を使用し、これによりJALはすべての国内線のフライトでWi-Fiを15分間、無料で提供します。

なお、Gogoは2016年5月6日(金)に打ち上げ成功したスカパーJSATの新衛星「JCSAT-14」の利用も決定しており、この衛星がカバーする太平洋域内でもGogoの機内インターネットサービスが利用できるようになります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加