ANA、ファンボローで飛行した787-9「JA880A」受領 7月28日に羽田へ

ANA、ファンボローで飛行した787-9「JA880A」受領 7月28日に羽田へ

ニュース画像 1枚目:ファンボローでは「富士山」と「桜」のデカールを施していたが、デリバリー時は通常塗装に
ファンボローでは「富士山」と「桜」のデカールを施していたが、デリバリー時は通常塗装に

全日空(ANA)は2016年7月27日(水)13機目となる787-9、機材番号(レジ)「JA880A」を受領しました。この機体は、シアトルのペインフィールド空港を7月27日(水)17時20分頃に出発、羽田空港には7月28日(木)18時30分ごろの到着を予定しています。

この機体は、7月11日(月)から7月17日(日)までイギリスのファンボロー空港を会場に開催された「ファンボロー・エアショー 2016」で「富士山」と「桜」のデカールをそれぞれ左右に貼り付け、展示飛行を行った機体です。デカールはエアショー期間限定で貼付されたもので、同機はすでに通常の塗装に戻されています。

なお「JA880A」は7月21日に受領した「JA879A」に続き、ANAが2016年に受領する4機目の787-9で、ビジネス48席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー146席の215席です。

今回の受領によりANAの787は49機となり、このうち787-8が36機、787-9が13機です。 8月以降には、ANAの787では50機目となる「JA882A」を受領する予定で、同機は記念の塗装で引き渡されることが見込まれています。

期日: 2016/07/27 〜 2016/07/28
この記事に関連するニュース
メニューを開く