JAL、イベリア航空との共同事業で独占禁止法適用除外の認可を取得

JAL、イベリア航空との共同事業で独占禁止法適用除外の認可を取得

ニュース画像 1枚目:イベリア航空との共同事業、ATIの認可取得
イベリア航空との共同事業、ATIの認可取得

日本航空(JAL)は2016年8月16日(火)、日本/欧州路線での共同事業にイベリア航空を加えることについて、国土交通省から独占禁止法適用除外の認可を取得したと発表しました。

JALは2012年10月からブリティッシュ・エアウェイズと、また2014年4月からはフィンエアーが加わり、現在3社で共同事業を実施しており、今回の認可を受け、イベリア航空がマドリード/成田線に就航する2016年10月18日(火)から、イベリア航空を加えた4社での共同事業を開始することを目指して、具体的な協議を進めます。

イベリア航空がマドリード/成田線に直行便で就航することにより、日本/スペイン間の往来だけでなく、スペインを経由した欧州、南米地区、アフリカへの旅客の増加も期待され、JALは、共同事業を通して、今まで以上の路線ネットワークの拡充、機内サービスの商品などの品質向上、より多くの選択肢の提供に努めるとしています。

詳しくは、JALホームページを参照ください。

メニューを開く