アメリカ空軍、KC-135ストラトタンカーの60歳の誕生日を祝う

アメリカ空軍、KC-135ストラトタンカーの60歳の誕生日を祝う

ニュース画像 1枚目:KC-135 ストラトタンカー
KC-135 ストラトタンカー

アメリカ空軍は2016年8月31日、KC-135ストラトタンカーの60歳の誕生日を祝いました。ストラトタンカーは1956年8月に初飛行し、1957年6月に同空軍に納入されました。

KC-135初号機は、当時のキャッスル空軍基地に所在していた第909給油飛行隊に配備され、現在のフェアチャイルド空軍基地に移転しました。当初は戦略爆撃機の給油を目的としていましたが、その滞空時間の長さから、前線で活動する戦闘機への給油任務に就いています。

フェアチャイルド空軍基地への配備は1958年2月21日で、同じ年に世界記録を8個、打ち立て、アメリカ空軍では現在でも主要な任務にあたっています。

KC-135はボーイングの367-80をベースに、当時開発されていた707の技術も採用し、近代化改修を経て現在に至っています。今後、アメリカ空軍は767をベースとしたKC-46Aに更新する計画です。

メニューを開く