東京臨海広域防災公園、11月8日の首都直下地震防災訓練でヘリが離着陸 | FlyTeam ニュース

東京臨海広域防災公園、11月8日の首都直下地震防災訓練でヘリが離着陸

東京都江東区の有明エリアに位置し、災害時の臨時ヘリポートなどを備える東京臨海広域防災公園では、2016年11月8日(火)の13時から15時15分まで、「関東地方整備局による首都直下地震防災訓練」開催に伴う、ヘリコプターの発着が予定されています。

東京臨海広域防災公園で実施されるヘリコプターの着陸は、神奈川県警航空隊「はまかぜ」の機体記号(レジ)「JA14KP」の着陸時間帯が13時45分、横浜市消防航空隊の「はまちどり2」のレジ「JA152Y」は着陸時間帯が13時55分、川崎市消防航空隊「そよかぜ1」のレジ「JA01KF」は着陸時間帯が14時10分となっています。

なお、この訓練では、救命救急活動や緊急支援物資の輸送など円滑な緊急活動を支援するため、道路啓開や大規模浸水地域の排水、航路啓開などについて、実動訓練を通じてオペレーションの機能性、有効性を確認し、具体的で実効性のある計画へスパイラルアップを図るとともに、訓練を通じて関係機関との連携を深めるとともに、職員の災害対応能力の向上を図ることを目的としています。

詳しくは、東京臨海広域防災公園のウェブサイトを参照ください。

期日: 2016/11/08
メニューを開く