ブライトリングDC-3、4月30日の熊本フライバイで飛行ルート発表

ブライトリングDC-3、4月30日の熊本フライバイで飛行ルート発表

ニュース画像 1枚目:熊本上空フライバイの飛行ルート
熊本上空フライバイの飛行ルート

ブライトリングは、1940年製のDC-3を飛行させる取り組み「BREITLING DC-3」のワールドツアーにおいて、2017年4月30日(日)に実施する熊本上空フライバイの飛行ルートを公表しました。

「BREITLING DC-3」ワールドツアーは、DC-3A、機体番号(レジ)「HB-IRJ」を世界一周飛行させる企画です。3月11日(土)にスイスのジュネーブ国際空港から東に向けてスタート、4月3日(月)現在はシンガポールのセレター空港まで飛行しています。

4月30日(日)に実施される熊本上空での飛行イベントは、「みんなで大空を見上げよう」としてフライバイするもので、熊本城などの熊本市街地上空から阿蘇エリアを周回する飛行ルートが予定されています。ブライトリングは、熊本市街地エリアの撮影スポットとして、熊本城二の丸広場と加藤神社、花岡山公園、白川の長六橋、阿蘇エリアの撮影スポットとして阿蘇パノラマライン駐車場や草千里レストハウス、烏帽子岳、阿蘇山ロープウェイ、阿蘇大観峰展望所を紹介しています。

なお、熊本での飛行の翌週となる5月5日(日)には、山口県岩国市で開催される「岩国航空基地フレンドシップデー」で展示される予定です。イベントの詳細など、詳しくは「ブライトリングDC-3ワールドツアー」facebookページを参照ください。

期日: 2017/04/30
この記事に関連するニュース
メニューを開く