川崎重工、リージョナルジェット向けエンジンの量産用部品を初出荷 | FlyTeam ニュース

川崎重工、リージョナルジェット向けエンジンの量産用部品を初出荷

川崎重工は2017年6月7日(水)、アメリカのプラット・アンド・ホイットニーの次期リージョナルジェット向けエンジンPW1500の量産用部品を出荷しました。このエンジンはボンバルディアのリージョナルジェット、Cシリーズに搭載されます。

川崎重工は、プラット・アンド・ホイットニーと次期リージョナルジェット向けエンジンのPurePower PW1500のほか、PW1900の開発・生産プログラムに参加し、このエンジンはエンブラエルが開発を進めているE190-E2とE195-E2に搭載されます。

「PW1500」と「PW1900」は、従来機に対して16%の燃費改善、50%の騒音低減、CO2、NOxも大幅に削減する特長を有したギアード・ターボファンエンジンで、Cシリーズとあわせ1,200台以上の受注が確定しており、今回の出荷に伴い、今後の量産が本格化します。詳しくは、川崎重工のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/06/07から
メニューを開く