春秋航空日本、10月末から成田/関西線を運休 状況見ながら再開へ | FlyTeam ニュース

春秋航空日本、10月末から成田/関西線を運休 状況見ながら再開へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

春秋航空日本(Spring Japan)は2017年冬スケジュールの国内線航空券の販売開始に合わせ、2017年10月29日(日)から2018年1月15日(月)までのスケジュールも決定しました。このうち、成田/関西線のIJ301、IJ302便を運休します。

関西空港に発着する訪日旅客による関東方面へのツアー需要が伸びていないため、十分な搭乗率が見込めないとして、対象期間中は運休します。ただし、状況を見ながら再開する予定としています。

春秋航空日本が2016年9月28日(水)から、成田/関西線を就航、現在はIJ301便の成田発12時、IJ302便の関西発14時15分でデイリー運航しています。同社は2017年1月28日(土)から3月25日(土)まで、1日2往復で運航したこともあります。

成田/関西線は8月末現在、ピーチが1日3往復、ジェットスター・ジャパンは1日4往復、バニラエアが1日2往復で運航しています。なお、詳しいスケジュールは春秋航空日本のホームページ、または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

期日: 2017/10/28まで
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加