ルフトハンザ・カーゴ、関西/フランクフルト線で直行便の運航を再開 | FlyTeam ニュース

ルフトハンザ・カーゴ、関西/フランクフルト線で直行便の運航を再開

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:ルフトハンザ・カーゴ MD-11F

ルフトハンザ・カーゴ MD-11F

ルフトハンザ・カーゴは、2018年1月18日(木)から関西/フランクフルト線の直行便運航を再開します。関西エアポートが2017年10月4日(水)、発表しました。ルフトハンザ・カーゴの就航は2014年3月以来、約4年ぶりです。

運航日は木、土の週2便で、機材は最大積載量約80トンのMD-11Fです。スケジュールは、関西発23時15分、フランクフルト着翌5時30分のLH8391便、フランクフルト発21時15分、関西着翌18時30分のLH8390便です。この便は、往復とも給油のためロシア・ノヴォシビルスクにテクニカル・ランディングします。

関西国際空港の貨物取扱量は、10カ月連続で前年同期比10%以上の増加を続けており、自動車部品や医薬品などの航空貨物需要が高くなってきています。この路線の運航再開により、関西地域と欧州間の輸送容量の拡大に加え、大型貨物の輸送、深夜運航を利用したリードタイムの短縮が可能となります。

関西エアポートは、引き続き、航空貨物ネットワークの拡充を通じて、利用者の利便性向上をはじめ、関西や就航地点を中心とした経済発展に寄与する取り組みを継続します。

期日: 2018/01/18から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加