JAL、1月15日からリチウム電池取外し不可のスマートバゲージを禁止 | FlyTeam ニュース

JAL、1月15日からリチウム電池取外し不可のスマートバゲージを禁止

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

日本航空(JAL)は2018年1月15日(月)から、リチウム金属電池またはリチウムイオン電池が内蔵・装着された手荷物「スマートバゲージ」の取扱い方法を変更しています。

これは、国際航空運送協会(IATA)の規定改定に伴い実施されるもので、対象便はJALグループ国内線と国際線全便です。なお、他社運航コードシェア便については運航する航空会社の取り扱いに準じます。

取扱い内容は、電池を本体から取り外すことができる場合は、預け入れ、機内持ち込みが可能ですが、電池が本体から取り外せない場合は、いずれも受け付けできません。なお、預け入れたい場合は、リチウム電池を取外し、電池を機内への持ち込み荷物として持ち込みます。

スマートバゲージ自体を機内に持ち込む場合は、電源を完全に切った後、規定サイズ以内の機内手荷物に入れて持ち込みます。なお、貴重品に該当するパソコンやタブレット端末は機内持ち込み荷物となります。詳しくは、JALのウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/01/15から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加