シンガポール航空、デジタル革新で民間航空庁や科学技術研究庁と提携 | FlyTeam ニュース

シンガポール航空、デジタル革新で民間航空庁や科学技術研究庁と提携

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

シンガポール航空は2018年1月29日(月)、シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)、シンガポール民間航空庁(CAAS)、シンガポール経済開発庁(EDB)、シンガポール国立大学(NUS)との相互提携による、デジタル・イノベーション・ブループリントの開始を発表しました。

デジタル・イノベーション・ブループリントは、シンガポール航空のデジタルの可能性を促進しようとする変革プログラムの一環です。シンガポール航空は、スタートアップ企業と社員がコラボレーションできるデジタル・イノベーション・ラボを設立し、デジタルの可能性拡大に投資してきましたが、今回の提携によりその計画をさらに促進させ、デジタル技術とオープン・イノベーションを通じて、効果向上と効率化、また新たなビジネス機会の発展を目指します。

このうち、シンガポール民間航空庁とシンガポール経済開発庁との提携においては、活気あるデジタル・アビエーションと航空宇宙エコシステムの促進をサポートし、シンガポールをアジア太平洋地域の旅行先、航空ハブとしての魅力を増加させるとともに、デジタル技術の活用を通じて、旅行者の利便性向上を図ります。

これらの取り組みを通じて、シンガポール航空は世界のリーディング・デジタル・エアラインへの進化を目指します。詳しくは、シンガポール航空のウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加