ジェットスター、A321neoLR導入へ | FlyTeam ニュース

ジェットスター、A321neoLR導入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ジェットスター A321neoLR インフォグラフィック

ジェットスター A321neoLR インフォグラフィック

オーストラリアの格安航空会社(LCC)、ジェットスターは2018年2月22日(木)、同社が2020年から2022年に受領するA321neoLRについて、概要を公開しました。同社はA320neoの54機、A321neoの45機をすべてA321neoLRに変更、2020年から2022年に18機を受領する計画です。

ジェットスターは主力機をA321neoLRにすることで、A320では飛行できなかったシドニー/デンバサール線、メルボルン/デンバサール線に投入できるとしています。これにより、この路線に投入されている787-8を他の路線に振り向けることが可能になるとしており、シドニー、メルボルン発着でハワイ、中国、タイ、ベトナム路線の拡充、新路線につながるとしています。

A321neoLRでは客室の快適性の向上が見込まれており、スリムシートの装着や客室内の収納スペースとなるオーバーヘッドビンが拡大されます。また、座席数はA320と比べ40席超が加わり、輸送力も増強されます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加