サウスウェスト航空、10月から就航、増便するアメリカ国内線を発表 | FlyTeam ニュース

サウスウェスト航空、10月から就航、増便するアメリカ国内線を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

アメリカの格安航空会社(LCC)、サウスウェスト航空は2018年10月から就航、増便するアメリカ国内線を発表しました。

新規路線は現在、経由便で運航している路線を直行便化します。10月3日(水)からヒューストン・ホビー発着のコロンバス、ルイビル線、デンバー/メンフィス線、10月7日(日)から、オクラホマシティ/ナッシュビル線、デンバー/エルパソ線にそれぞれデイリー運航を開始します。

また、10月3日(水)からフェニックス発着路線の各路線で月から金の平日に直行便1便を増便します。オースチン線が1日4便から1日5便に、デンバー線が1日10便から1日11便に、ニューオリンズ線が1日1便から1日2便に、サンアントニオ線が1日3便から1日4便に、サンノゼ線が1日6便から1日7便となります。

このほか、季節便として10月3日(水)からオールバニ/ラスベガス線に土曜以外の週6便、10月6日(土)からクリーブランド/オーランド線、ミルウォーキー/フォートマイヤーズ線に土曜の週1便、10月7日(日)からオークランド/ツーソン線に日曜の週1便を直行便を運航します。

なお、詳しいスケジュールは、サウスウェスト航空のホームページ、または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

期日: 2018/10/03から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加